クリスマスプレゼント

Cimg6949

親の都合により、12月20日にサンタさんからのクリスマスプレゼントが届きました。

bleahなぜなら、25日のクリスマスは平日なので、毎朝6時前に出勤するパパさんがプレゼントを開ける姿を見ることが出来ないので、大人の都合で20日の日曜日の朝にプレゼントが届いたわけです。


ゆうたんが以前からとっても楽しみにしていた,仮面ライダーダブルのトリガーマグナムが届いたので大喜びです。
4543112551962000


ゆうたんはサンタさんのプレゼントが届くのをほんとに楽しみに待ってたんですよ。毎日毎日その事ばかりたずねてましたから。私自身は、知育おもちゃをあげたかったんですが、サンタさんからは本人が欲しいものの方がいいのかもしれないと、色々夫婦で話し合って、結局仮面ライダーのおもちゃです。

色々思うところはありますが、とっても喜んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お誕生会3連発

Cimg6908

ゆうたんの3歳のお誕生日から、2週間がたちました。

12月14日 お誕生日当日、ささやかに家族3人でお祝いしました。

ゆうたんは、3歳になるといってとっても嬉しそう。3歳の冠を頭にのせてあげるととっても照れていましたが、しっかりかぶっていましたよ。お誕生日の歌を、3人で歌って、ろうそくの灯を消して、美味しいチョコレートのケーキを食べました。
Cimg6912

それから、ささやかながら、お誕生日の飾り付けもheart
ハッピーバースデーのメッセージバナーは毎回飾ってるんですけど、今年は可愛いディズニーの、くす玉が仲間入りです。こういうお祝いグッズ、少しずつ増えています。ちゃんと大事にとっておいて、来年も使います。こういうグッズが集まっていくのも母として嬉しいものです。


今年は、ゆうたんは3回もお誕生日を祝ってもらったんです。


Cimg6913
12月17日 子育てサークル「エンジェル」のクリスマス会
クリスマス会の中で、お誕生日を祝ってもらったゆうたん。これもまたとっても嬉しそう。
でも、嬉しい反面とっても恥ずかしいのか、照れちゃって、グニャグニャでした。

ゆうたんは、仲良しのお友達hくんと一日中くっついいて遊んでいました。一緒に遊んで、一緒に食べて、お友達が泣いてしまった時は心配なのか片時も側を離れませんでした。

クリスマス会は、有志のママで事前に、出し物を企画して、ペープサートを作って、披露したり、牛乳パックでお菓子のブーツを作って、それを当日一人一人に渡したり、ゲームをしたりとっても盛りあがっていいクリスマス会でした。


それから12月20日、義理の実家で12月のお誕生会&クリスマス会でまた盛大にお祝いしてもらいました。

Cimg6952

ゆうたんはいとこのあっ君と2人でケーキを囲んでとっても楽しそうでした。
このときばかりは照れる暇もなく、ものすごいハイテンションで、歌い踊り、そして、つばをいっぱい飛ばしながらローソクの灯を消してました。

ケーキもとっても美味しかったです。
「ル・サントーレ」の苺のタルト、甘酸っぱくてほんとに最高に美味しかったです。

とにもかくにも、ゆうたんの3歳のお誕生会3連発でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

七五三晴れ着

Cimg6663
11月15日

七五三のお宮参りに行ってきました。

もちろん、地元の須賀神社に。甘木の小さな神社ですが、お宮参りもココだったし、毎年初詣もココは外せません。やっぱ、土地の神様にまず感謝しないとね。私たちは生かされてるって事を忘れてはいけないように思います。

Cimg66751

でも、この地元の須賀神社、参拝にやってくるのは殆ど地元の家族なので、受付を済ませたら殆ど待ち時間もなく神殿に上がれます。これ、小さな子どもにはとっても嬉しいです。

晴れ着は、前撮りをした写真館でレンタル。とっても格安でレンタルできて、着付けもしてもらって、とっても良かったです。前撮りをしたら5000円から着物のレンタルが出来るんです。だから前撮りではブランド衣装、参拝では一般の衣装で、2着着れてなんかラッキーです。お宮参り用には凛々しく黒の羽織袴を選びました。

でも、朝着付けにいったらすごく混雑してて、すごく待たされました。

おまけにやっと着付けの順番が来たら、ゆうたん着替えたくないとか急に言い出して、混んでてスタッフさん達も待ってくれないのに、ついイラッとしてしまって、怒って無理矢理着せてしまいました。

晴れの日の朝に怒るなんて悪いことしちゃいました。でも、言い出したら結構ガンコだし、優しくお話ししても時間もかかるしそんな雰囲気でもないし、厳しく怒るしかなかったのが残念です。

ゆうたんの言い分は、沢山の人の前でお洋服を脱ぐのが恥ずかしかったみたい。その上、混雑しててバタバタ急かされるのでそれも自分のペースじゃなかったらしく。おまけに、担当の着付けのお姉さんが前撮りのお姉さんと違う人でそれも嫌だったんですって。

まぁ、でもとっても着付けてもらって、みんなに誉められるとまんざらでもなかった様子です。
Cimg6671

パパさんも、七五三にあまり乗り気じゃなかったんですが、我が子の晴れ着を見て目を細めてました。

おじいちゃんもおばあちゃんも喜んでくれました。

ほんとによくぞここまで育ってくれた。感慨深いです。
ゆうたんあなたが産まれて、私たちはほんとに幸せです。生まれてくれたこと、そして元気に育ってくれたこと、日々成長するあなたは、とても個性豊かで、これからの成長が楽しみです。

そして、
Cimg6665

パパさんは、何故かいつもこういう細ーくて高いところにゆうたんを立たせたがります。

又今回もやってました。


周囲のご年配の方が「危ないよ~」と冷や冷やしながら見てるのにsweat02

でも、今ではこれ2人のスキンシップですね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

nobember

Cimg6644
楽しかった、10月のハロウィンイベントが終わって早速我が家ではクリスマスに模様替えを始めました。

私、心に決めていることがあるんです。クリスマス雑貨だけは気に入ったものを少しずつ集めていこうって。去年は、木製のクリスマスツリーキットで可愛い組み立て式の小さなツリーを購入&作成。一昨年は、クリスマスツリーのプリント地でタペストリーを作りました。

今年は何を作ろうかな。

別に手作りじゃなくてもいいんですが、ここ数年は暖かい感じの手作りグッズにはまっています。

そして20年後には、お気に入りの雑貨に囲まれたクリスマスが迎えられるはず。


私の叔母がすごく雑貨とか大好きで、クリスマス雑貨が半端じゃないんです。
幼い頃クリスマスになると叔母のおうちを訪問するのが楽しみでした。ツリーを始め大きなサンタさんから小さな小さな雑貨まで、クリスマスの時期はほんとににぎやかに飾ってあるんです。

だから私も本当に好きなものを少しずつ集めていこうって。

密かな楽しみです。

そんな冬の模様替えをした私の部屋で遊ぶ我が息子くんは最近ハサミにはまっています。


Cimg6639

おもちゃの棚に、ハサミや折り紙をいつでも自由に使えるように準備してあるんですが、最近は小さな折り紙を細長く切って、フライパンに入れてお料理して、お弁当を作っています。

しかも、折り紙の色をひとつひとつ「これは黄色」「これは紫」「これはブルー」とか言いながら取り出していってます。
かわいい。

最近色に凝っています。

見るもの全ての色を口に出してみたり、NHKの「どんな色が好き」っていう歌もすき。


歌といえば、一日中歌っています。
自分の気持ちも歌にして、エンドレスで歌っています。

それから、NHKと言えば、「みいつけた」のエンディングテーマが大好きで、よく歌っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

七五三スタジオ撮影

ゆうたんももうすぐ三歳。お友達にすごくリーズナブルに(1753円で撮影料、衣装レンタル、着付け込み、ただしプリントは1枚のみ、二枚目からは6000円)七五三の撮影委が出来ると評判の子どもスタジオを紹介してもらったので、いい機会なので、記念撮影をすることにしました。

まぁ~でも大変でした。

予約とるのもやっとだったけど、もっと大変だったのは着物への着替え、最初に予約した日は着物を選ぶまではよかったんだけど、着付けをしてくれるお姉さんが気にくわなかったらしく、途中から脱ぎたくないって言い出して大泣き…。

やむなくその日は断念。
写真館の方に後日撮影を進められて、帰りました。わざわざ久留米まで出向いたのに…。


その後予約していた日に不幸があったり色々、姪の誕生と重なったりして撮影リベンジが遅くなり10月末日やっと2度目の写真撮影の日。


Cimg6577_2

やっと、着物着ましたよ。憧れの子どもブランドの着物。淡い色彩のはおり袴は、幼い頃の記念にぴったりでしょ。
着替え室でこっそりデジカメで撮影しちゃいました。ほんとはいけないんですけどね。ブログ用で。camera

本人今度はノリノリでした。着付けのお姉さんと今回は相性抜群。前回の着付けスタッフの方は、ゆうたんのおむつを見て笑ったんです。それで、ゆうたんはへそを曲げちゃって…。

結構プライド高くて、扱いにくい所もあるんです。

でも、今回のおねぇさんは、とっても可愛い優しいお姉さんで、ゆうたんはとってもご機嫌で、撮影も「キミは子役のモデルかsign03」とびっくりするほど、カメラマンのお兄さんの要望に応えてポージング。

我が子の密かな才能にびっくりしました。

カメラマンさんも「この子、上手い。お、いいのが撮れてる。可愛い。いいねぇ~。じゃあ次のポーズ行くよ~。今度はこれもって、こう立って、そうそう、こっち向いて~、いいねぇ~」とべた褒めでした。

お陰で、写真を選ぶのがとっても大変でした。

当初一枚だけのつもりでしたが、結局どうしても一枚にしぼれず、2枚オーダー。それでも、8000円弱。これ破格のお値段ですよね。数千円でお宮参りがレンタルできるというので、せっかくなので予約しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

運動の秋

秋が深まってきました。
運動の秋です。

3歳の誕生日を来月に控えますます活発になったゆうたん。

朝倉の美しい秋の景色と一緒に我が息子の成長ぶりをお届けします。

まずは、水の文化村の秋の風景からmaple

Cimg6539

完全に猿と化して、この巨大な山を登り、ローラー滑り台も自分で滑るようになりました。
見ている親は、ハラハラですが、やりたいことをとめるわけにはいかないので、自分の力だけでやらせています。
Cimg6544
Cimg6542
ココの滑り台はいつ来ても、すごいです、スケールが。
そして、いつ来てもがらがらです。

もっと沢山の子ども達が遊びに来てもいいのに。
Cimg6546
Cimg6548
秋の紅葉も見事。この虹色に染まる木はフウです。

フウっていう樹木知ってますか。私はこの樹木大好きです。


Cimg6658
Cimg6654
ひろにわ保育所の、園庭の樹木も色づいてきました。

でもゆうたんは…

Cimg6655

花より団子。

大きなミカンに興味津々。


Cimg6728

それからココは、私が幼稚園の頃に遊んだお宮。

ここは、密かなイチョウの名所です。じゃらんや九州ウォーカーには決して紹介されませんけどね。

Cimg6717
Cimg6737

ゆうたんの元気な後ろ姿、走りっぷりも力強くなってきましたよ。
木登りにも挑戦です。

Cimg6729

あ、でもそこにはあんまり登らないでねと言いつつ、私も小さな頃そこに何百回も登ってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

心の闇

Cimg6512
最近のゆうたん。

どうですか、カフェで一人お茶を楽しんでいます。
実家の母達とケーキ屋さんでお茶をしたんですが、ゆうたんは、女達のテーブルから一人離れて、一人で座りたいといって、窓の外を眺めながら、紅茶をたしなんでいる図です。


なんだか、最近ほんとに成長したなぁと感じることひとしおです。

おしゃべりもほんとに上手だし、世の中のことが急に見えてきたようで色んな事をたずねてくるようになりました。毎日「お母さん、どうして?何これ?こうすると?」となんにでも興味を持って、やりたがります。

物の法則を自分なりにとらえ、それがあっているかしきりに聞きます。

もちろん、自己主張も。

でも、幸いそうガンコではないので、長泣きしたり、固執したりすることはなくて、扱いやすい子なのかもしれません。叱っても、ちゃんと話を聞くし、ごめんなさいも素直に言えるところはすごいです。

日々、大きくなっていく子どもを前にして、最近の私はもがき苦しんでいます。


今まで、見ないようにしていた自分の心の闇が、あふれ出してきた感じ。


いい親でいたい。
常に冷静かつ優しい母親。
その場に応じた適切な声かけ、関わり。
育児を楽しむ。
笑顔笑顔笑顔…


これは、日々心がけてきた私の子育てのモットーであるけれども、心の底では、自分はそんなに大きな器の母親ではなく、もうほんとストレスを抱え込んだ、ちっぽけな、親。

でも、元保育士だったこともあって、いい親でなければならない変な十字架があって、それが重くて重くてたまらないんです。


元保育士だったんだもの、育児だって上手で当たり前。
どんな時も、笑顔、冷静、愛情深く、落ち着いて…


その十字架が重くて重くて、心の闇が泥ドロドロドロ…

そんな中、参加したnp.

完璧な親なんかいないんです。


完璧じゃなくていいんだ。そう思うことは楽だけども、そう認めた上で、どう進もうか考えあぐねています。


そんなことをうだうだ考えている今日この頃の私。


親というのは大変ですね。
我が子が可愛いからこそ、変な十字架を自分にいくつも背負わせてしまうんです。

我が子だからこそ、我が子を厳しい目でとらえ、悩み苦しんでしまいます。

とにかく、私はもっと自由に、リラックスして子どもと関わらなくちゃ。


| | コメント (7) | トラックバック (0)

ハロウィンをやってみよう

Cimg6616
同じ団地のマッキーさんとハロウィン話で盛りあがり、ハロウィンをやろうよって事で、10月31日に夕方から参加者を募ってハロウィン会をしました。

はじめは、2,3家族集まるかななんて思ってたんですが、結局参加者は子ども25名とその保護者という大人数が集まりにぎやかなハロウィンでした。

Cimg6600
当日の午前中に、集会所の飾り付け、それから子ども達に配るお菓子の小袋を25×5   計125個準備しました。事前にハロウィンに協力して下さるお宅に人数分のお菓子の小袋を持って行き、夜子ども達に配ってもらうようにしました。

お菓子を配るお宅は団地内で3件、近所に2件快く引き受けて下さいました。

陽も落ちた午後6時、団地の集会所に、子ども達はそれぞれ仮装して、懐中電灯片手に集まりました。もうそれだけで楽しそう。

Cimg6626
Cimg6602
実は、我が家はハロウィンの仮装での参加ですが、お菓子を配るのにも立候補しまして、玄関を暗くして、ハロウィンのキャンドルを灯して、子ども達を迎えました。

一人ずつbleah「トリック・オア・トリート」happy01「ハッピーハロウィーン」とやりとりを楽しんだりして、なんちゃってではありますがハロウィン気分を満喫しました。

子ども達は、仮装して集まる楽しさや近所のお宅を回って、お菓子をもらう、コミュニケーション的な楽しさを感じているようでした。

Cimg6610
夜道を子ども達は興奮して走り回って、危なかったけど、すごく楽しかったみたいです。どんなに落ち着いて静かに歩くよう促しても、浮き足だって、目的地のお宅にずんずん進んでましたから。

改めて、こういう地域とコミュニケーションが取れるイベントっていいなぁと思いましたよ。

全てのお宅を回った後は、集会所に戻ってきて、それぞれ持ち寄った料理でお食事をしました。

子ども達はすごい勢いで食べ、落ち着いたらそれぞれ遊んでいました。
Cimg6623
ゆうたんは、最近は大きなお兄ちゃん達に興味津々。
小学生のお兄ちゃん達の輪に勝手に入って、一人前の顔しています。

とってもとっても楽しかったね。マッキーさん。
企画、運営とっても素晴らしかったです。ほんとにどうもありがとう。

楽しい思い出が増えました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

いのちのお別れ

papaさんの親戚の方が亡くなられ、その通夜、葬儀に参加しました。

ゆうたんを連れての参加となり、悪い盛りのゆうたんがいのちのお別れの大切なセレモニーに静かに参加できるかちょっと不安でしたが、パパさんが、「連れて行く。」と強く決意。お葬式は、悲しいものであるからこそ、子どものあどけない姿で、少しでも場が和むようにと考えたようです。

ですが、お経があがる間は、いくら子どもとはいえ、おしゃべりや泣き声やぐずる声は厳禁。お通夜の日、会場に着く前にお通夜に出ること、お経があがっている時は静かにすることをよくよく言い聞かせて、参加しました。

お通夜が始まって、しばらくは静かにしていたゆうたん、周りの人を見て手に数珠を持ち、お参りをするしぐさをまねたりしていました。

でも、2歳10ヶ月の子にそう長い間静かに出来る、忍耐力は備わっていませんから、しばらくするとそわそわし始めて、ゆうたんと2人会場をそっと抜けました。

ですが、ゆうたんにしては、頑張ったと思います。


葬儀の場で、私たちが自然と口をつぐみ、下を向くのは、なくなった方に対しての尊厳や哀悼から、無意識にしている行為のように思います。ですが、ゆうたんは、人が死ぬことやその悲しみが理解できないし、知らないのです。

でも、いのちの尊さを知るいい機会だといも思い、その晩の帰り道、車の中でゆうたんに分かりそうなことを話してあげました。

死ぬこと。誰がなくなったのか。
死ぬともう二度と起きないこと。
みんながとても悲しんでいること。
大好きだった人が集まって、お別れをしていること。
だからお葬式の間は、みんな静かになくなった方の思い出を考えていること、などなど。

こんな事ゆうたんに通じないだろうとは思いつつ、話しました。

パパさんはその晩、斎場に残り親戚の方と、お通夜を守ってくれました。


明くる朝、ゆうたんは、亡くなったのが誰なのか分かったようでした。

棺に手を合わせるときも、ゆうたんなりにのぞき込んで、一生懸命手を合わせていました。

お通夜は静かに出来なかったゆうたんですが、お葬式では最後まで静かに膝の上に座っていました。
途中、小さな声で「もう終わった?」と訪ねてきましたが、「まだ終わってない、声を出したらダメだから、静かに」と言うと、理解して最後まで静かにしていました。

葬儀が終わり、私たちも火葬場に同行しました。
親族で、控え室で待機している時、ゆうたんはおじいちゃんに、「おじいちゃんのおにいちゃん死んじゃったね」と言ったそうです。

そして、収骨の時も騒いだりせずず~っと、儀式の一部始終を見守っていました。


ゆうたんにもなにか感じるものがあったようです。

お葬式とは悲しいものです。出来ればなるだけ、出席したくないものですが、いつか死は誰にでも訪れます。

私もいつか死ぬのだし、いつか私の大切な人の死に直面するかもしれない。


でも、誰もそのいのちのルールに背くことは出来なくて。


自分はどう生きることがベストなのか。

でも、命の尊さは幼い子どもにもきちんと理解できるものなのですね。

ゆうたんにも大きな経験になったようです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

中畑中央公園

Cimg6404
10月10日

義妹のまりさんとおでかけしました。

まりさんはもうすぐ第一子を出産間近なんですが、母乳マッサージで悩んでいるようだったので、助産院を紹介かたがた、私とゆうたんもご一緒させていただきました。

久しぶりの豊田助産院。豊田先生もお元気でした。
最近は、布おむつ普及のために努力されているご様子でした。

私も最近、布ナプキンにシフトしたこともあって、布おむつっていいなぁと素直に思い、ゆうたんの時に何故もっと布おむつのこと勉強しておかなかったのかと残念です。

久留米にある、布おむつ専門店「リトルギャラクシー」の代理店計画や布おむつの後援会など今後計画されるそうで。私もぜひぜひ、参加したいと思っています。

で、まりさんも豊田先生に母乳育児の進め方や産後の過ごし方など沢山聞けて良かったと喜んでくれて、紹介して良かったとほっとしました。

で、その帰りに中畑中央公園によりました。

Cimg6408
ゆうたんのお気に入りの公園です。

福岡空港のすぐ近くの公園なので、離発着の飛行機がよく見えます。

なかでも、お気に入りは大きなローラーコースター滑り台。
ネットが張ってあるので、高くても子どもだけで滑っても安心。ビル3階建てくらいの高さがあるのに、楽しさが先に立って、たったか、たったか一人で階段を上っていきます。


Cimg6409
とにかく、公園に着いたら笑顔笑顔笑顔のゆうたんです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧