« マイダーリンへ | トップページ

色々なこと

ずっと、メールやパソコンなどをさわる気持ちになれずにいました。

なぜだかわからないけど、メールを返すのも、ブログを更新するのもおっくうでした。

2011,4月
ゆうたんは、進級し、青さんになりました。ゆうたんのモンテ園は縦割り保育なので、年齢別に色で呼び分けています。3歳児は黄色さん、4歳児は青さん、年長さんは赤さんです。

モンテ園に入園して早一年。桜に囲まれた園庭でほんとに誇らしげでした。

4月に入ってすぐ、私の妊娠が分かって、出血したり、つわりが続いたりする中、ゆうたんも調子を崩していました。

元気が取り柄のゆうたんでしたが、モンテのお仕事もなんだか、見に入らない様子。おまけに、以前のような元気もなく、食事面も意欲がないとのことでした。
心配でしたが、私もつわりで身動きがとれず、生活するのがやっとの日々。

しかも4月、5月、6月、7月とアデノウイルス、インフルエンザ、水疱瘡、手足口病、流行目と次から次に、登園禁止の流行病にかかり、仕事を調整しながら、病児保育に預けつつ、乗り切った!働く妊婦の妊娠初期でした。

きっとゆうたんも、精神的にも体も困惑して、弱ってたんでしょうねぇ。

私も、つわりできつくて、職場でもただでさえ妊娠中ということで優遇してもらってたから、その上子供の病気を理由に仕事量を調整するのは結構、心苦しくもあり、大変でした。

でも、働く母親はいくら仕事があるからって、子供をほったらかして仕事はできないものです。
子育てをしながら、仕事を持つのは大変ですね。もっと、子育てをしやすい母親に優しい社会があるといいのですが。

病児保育のシステムもありがたいのですが、お金で預けて解決するのではなく、子供が病気の時は社会全体が、母親が仕事を休みやすいシステムを作って欲しいなと思います。
じゃないと、病児保育では子供に精神的負担がかかるし、もっと言うと、いつでも頼れる、祖父母がいないと母親が仕事を持つのはかなり難しくなってしまいます。

とにかく、仕事をしながら妊娠初期を送るのはほんとつらかったです。

おまけに、ゆうたんがお腹にいた頃、私は仕事に頑張りすぎて、七ヶ月で切迫早産になり臨月まで自宅安静を強いられていました。
看護婦さんにも、今回も同じようにならないよう!仕事量の調整と早期退職を勧められ、6ヶ月で退職することにしたのでした。

|

« マイダーリンへ | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/182547/42987837

この記事へのトラックバック一覧です: 色々なこと:

« マイダーリンへ | トップページ