« 愛しいゆうた。かわいいはずなのに… | トップページ | 色々なこと »

マイダーリンへ

もうすぐ出産します。

予定日は今月末29日です。

今年はほんとに色々なことがめまぐるしくありましたね。
悲しみやドタバタ劇がたくさんあって、不安やプレッシャーがたくさんある中、なんとか今年前半をくぐり抜けたなぁと思います。
ほんとはもっといろんな事、不安や心配を2人で話し合えたらよかったのかな。
でも、あえて、話さないで、耐えてることで、踏ん張っているのかもと思って見守ることにしました。

そんな中での妊娠発覚。うれしかっったけど、戸惑いもありましたね。

私は、流産してから、少しおかしくなってました。
それまでは、子育てにおわれて、次の子のこととか考えられなかった位なのにね。
流産していますって、医師に告げられて、次の日には手術を受けて、お腹の中が空っぽになって、誰にもわかってもらえない悲しみでいっぱいのまま過ごしてきました。毎月毎月、生理の度に気持ちが落ち込んで、排卵日を数えるのがつらくなって、一ヶ月を送る意味が分かんなくなってきてました。赤ちゃんができたっていうお知らせを喜べない自分、街で赤ちゃんをみたり、妊婦さんを見るのもイヤで!みんなには、赤ちゃんは諦めてますなんて言ってみたりしていました。

流産したときに、「前向きに、なって欲しい。今いる子供を大事にして欲しい」って励ましてくれたのに、私はどうしてもどうしても、心の中の空っぽな気持ちを消せなかった。
いつまでも引きずったらいけない、私たち家族三人の幸せを思って、励ましてくれたのに、私はどうしても、素直に受け止められずにいました。
多分、私の中では、家族は4人になってたからだと思う。

そして月日は流れ、今年の春に突然また、私たちの間にやってきた赤ちゃん。私も、戸惑いました。

こんな時に授かるなんて。

でも、やっぱり嬉しかった。
でも、妊娠に気づいたたつぎのひに、出血が始まって、もうショックで、真っ白になったよ。

こんな時に妊娠して喜んで、罰が当たったのかもしれないって思った。
とにかく、初期の切迫流産は医療的になにもできないって言われて、出血が収まるのを待った。
ほんとに、もうダメだって思ったから、それからほんとに臨月まで、ゆうちゃんの時みたいに手放しで幸せいっぱい夢いっぱいって気持ちでは過ごせなかった。
だから、妊娠五ヶ月の犬no日の帯の祝いも、安産祈願も、遠慮しなきゃって思った。喪が明けるまでは、お祝い事も遠慮しなきゃと思ったから、七五三も生後一ヶ月のお宮参りも、一周忌を待とうと思った。

だから、後少しで出産出来ることが素直に嬉しいです。
高齢出産で色々産まれるまでは、不安が耐えないって、あなたは言ったけど、母親は我が子を信じて産むんだよ。

大丈夫。可愛いこが生まれるよ。

|

« 愛しいゆうた。かわいいはずなのに… | トップページ | 色々なこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/182547/42966608

この記事へのトラックバック一覧です: マイダーリンへ:

« 愛しいゆうた。かわいいはずなのに… | トップページ | 色々なこと »